24 HOUR LIVE STREAMING MARATHON

3年前に、一人で挑むライブ配信番組『24』をしていましたが、このたびチャリティイベントとして8月24日に「24時間ライブ配信マラソン」に挑戦しました。その記録として書いておこうとおもいます。

背景

8月19日に、田口真行さんのイベント『1カ月前ですが。』をライブ配信したときに、『24』の復活と24時間ライブ配信を提案しました。24時間ライブ配信は実は3年前に田口さんとは話していたので、イメージは共有しやすかったです。

テーマは「のたりのたり」としました。一日中ライブ配信をしている様を、与謝蕪村の歌「春の海 終日(ひねもす)のたりのたりかな」からとっています。さらに、参加無料にしたうえで、チャリティで寄付チケットを購入いただくようにしました。

配信環境

事前のテストでは、USB-C 接続で使っていたんですが、Skype 側からバーチャルカム「CamTwist」が認識しないこと、iPad Pro 画面とルミナンス合成をしたかったことから、直前に HDMI ケーブルを刷新し ATEM Mini につないで実現しました。

プログラムとゲスト

今回、多彩なゲストをお招きしてお送りすることができました。総勢21名(+クマレルの相談者2名)です。突然相談させていただいたにも関わらず、皆さんご快諾いただき感謝のしようがありません。

24時間のプログラムのため、1時間おきにゲストを入れ替えるということをはじめに考えました。参加可能な時間帯をゲストにお聞きしたうえで調整をするということで、タイムテーブルごとに振り返ってみようとおもいます。

01:00~ オープニング w/ 田口真行森下千津子

01:00~イベント w/ 鷹野雅弘

02:00~緊縛 w/ 高瀬ヤスジ

03:00~ゲーム w/ 田口真行

04:00~ネットサーフィン

05:00~イラスト

そしてこのあと、6時直前にボクのカメラの接続が一時的に切れてしまうハプニングがありました。原因は、iPad をUSB接続した際に出たアラートを間違って押してしまったようです。カメラは一時切れましたが、さいわい田口さんとデュアル配信をしていたため、落ちることなくそのまま [Go Live] を押して続けることができました。

06:00~着付け w/ 淺田瑞子

07:00~ラジオ

08:00~ヨット w/ 廣中龍蔵

09:00~民主主義 w/ 原 裕八木橋昌也

10:00~プレゼン w/ 鷹野雅弘

11:00~フットウェア w/ 池田僚介

12:00~大河 w/ 勅使純雄

13:00~映画 w/ 山藤茂樹鶴飼博将

14:00~デザイン w/ 長谷川恭久山本麻美

16:00~スマートシティ w/ 池田僚介中村健太

17:00~スニーカー w/ 中尾 豊

18:00~歌詞 w/ 稲本浩介りこ

19:00~特別ゲスト w/ マキタマシロ

20:00~和太鼓 w/ 山田恵理子

21:00~クマレル w/ 松尾茂起

23:00~ミュージック w/ 田口真行

テーマ曲「のたり」

当初のプログラムでは 3:00 に田口さんと「ゲーム」をする予定でしたが、急遽曲づくりの時間に変更し、90年代ポップス風の曲作りがスタートしています。その後、9:30 の時点でほぼ完成したとメッセージを受け取っています。このタイミングで田口さんはライブ配信をしていました。

番組は進行中でしたので、その間に曲を聞くこともできなかったのですが、20:00 過ぎに隙間時間ができたので急遽田口さんから曲を聞かせてもらうことができました。

それで歌詞をつくるということですが、そんなに急にできるわけはありません (汗)。

その後もプログラムが続き、結局 22:00 少し前にようやくきちんと時間がつくれたので、ローカルでメロディを聞きつつ、iPad Pro に手書きで歌詞を書いていきました。そのときの模様は、田口さんのライブ配信で中継されているのを見ることができます。

イベントのテーマ「のたり」という言葉をサビに使うようなことを田口さんは事前に話されていましたが、頭の中で歌ってみると滑舌が悪いこともあり、「のたり」はあまり使いたくないなと思うようになってました。

終了30分前くらいにできあがった人生初の歌詞づくりの成果

あの日見たあの日の記憶
今までものたりと見ていた
あれこれと話したね
ゆれていた君の顔
朝焼けの空見上げていた
遠い日のあの空へ
「のたり」作詞 坂本貴史

曲と歌声を Skype 越しにミックスして完成した曲👇

メロディや音に言葉を合わせることの難しさを痛感しました。そのうえでストーリーをつくるなんて神業以外の何ものでもない。メロディや音を聞いて、それに合う言葉を探すことを繰り返します。「あの日見た」「あれこれと」「ゆれていた」は比較的最初からハマっていて、そこからストーリーを考えました。

今回のイベントの背景にある「3年前からのおもい」というのと、18時の回でりこさんや稲本さんからもらった「ボクならではのリアリティ」を入れて考えました。「ゆれていた」のは、「君の顔」とつづけていますが、実は話しながら寝ていた自分の姿を重ねています。

ライブ配信ならではとして、Skype を通じて音と歌をネットワーク越しに重ねて配信するという荒業でさいごを締めくくることができました。

ライブ配信マラソンの結果

途中で途切れることなく配信しつづけた結果、24時間1分23秒のライブ配信となりました。個人での24時間ライブ配信は他に類を見ないのではないかとおもっております。

総勢21名(+クマレルの相談者2名)にご出演いただき、970回の視聴、寄付チケットの購入は50名を超えることができました。今回の収益は『WHOのための新型コロナウイルス感染症連帯対応基金』にとりまとめて寄付します。

ただ念なことに、Youtube Live は12時間を超えるライブ配信は自動アーカイブされないようで、現時点でも見返すことができません。検索結果には出るしログはしっかり残っているのですが…。この状態が変わらなければ、本当に幻の配信になってしまいそうです (汗)。

ライブ配信という現代の技術で挑戦したわけですが、視聴した人々の記憶にしか残らないものになってしまいました。…まぁそれもいいか、とすでに懐かしく思っている今日このごろです。

いずれにしても、当初の目的でもあるコロナ禍におけるモヤモヤを払拭するキッカケになったのではないかとおもいます。自分自身は結局40時間以上起きていたこともあり、まだ眠気が取れないところが若干あります (汗) が、モヤモヤしていた気分を一掃するたいへん刺激のあるイベントにできたとおもいます。視聴していただいた方々にも、同じような感想を持っていただけたら幸いです。

着想から3年越しではありますが、発案から実施まで2週間もない状態から開始し、田口真行さんのたいへん分厚いサポートのおかげで途中で途切れることなく配信し、無事終了までこぎつけました。同じようなことをしたいという人はきっと少ないとはおもいますが、この経験をまた次につなげていきたいとおもいます。

ご協力いただいた皆さま、ご視聴・参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

※この記事は、個人ブログからの転載です。

👨🏻‍💻 Experience Design Director / JP 🇯🇵 🚙 GM of Smart Mobility Promotion Div at dots inc. 🖤 #minimalism #design #ia #ux #mobility

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store